僕の葬儀は「仮想現実」にて催してください!香典は「仮想通貨」でどうでしょう!?

 

こんにちは、おのたくです!

今朝の地震で、久々に死を覚悟したので、遺言残しておきますね。

仮想空間上で「葬儀」を執り行いたい

ぼくの葬儀は「cluster.」なんかの仮想現実上で催して欲しいです。

突拍子もない話ですが、合理的かつ誰もやっていないので面白じゃないですか?

それに、場所にもとらわれないので、より多くの人が参加してくれそう。

例えば、リアル葬儀なら参加してくれないであろう、細い繋がりの人とかね。

他にも、

  • 従来の葬儀に比べてコストが掛からない
  • ものすごく話題性がある
  • もしかすると世界初の存在になれるかもしれない(!)

なんてメリットも。

 

時代とともに、葬儀をやらないという選択肢も増えていくでしょう。

とはいえ、やっぱりそれはそれで寂しいじゃないですか?

ぼくだったら、せめて葬式くらいやりたいですね…

でも、これまでの形式の葬儀はバカみたいにお金がかかります…

それに、わざわざ葬儀会場まで行くのむっちゃ面倒くさいですよね。

 

そんな悩みをパパッと解決できる、この「仮想葬儀」はとても合理的だと思います。

地震に揺られながら、「これはソリューションだ!」って思ったんですよね。

葬儀の香典は「仮想通貨」で!

ちなみに、ぼくの葬儀の香典は「仮想通貨」でお願いします。

香典そのものの存在意義が分かりませんが、せっかくなんで仮想通貨を使いましょう。

なんだか、めっちゃスタイリッシュじゃないですか?

時代とともに死生観すら変わってゆく

地震に揺られながら、「時代とともに人の死生観って変わりゆくんだな〜」なんて呑気に考えていました。

「葬式はこうあるべき。結婚式はこうあるべき。」

そういった意見があることは、よく分かります。

けれども、それって最高につまらないじゃないですか?

人と一緒じゃ面白くない。どうせなら、じぶんが「初」の存在になりたい。

あらゆる物事のスピードが加速する現代では、これは至極当然の感性なのだと思います。

 

そんなわけで、万が一近いうちにぼくが亡くなることがあれば、仮想空間にて葬儀を開いてください!

あ、ご祝儀は仮想通貨でお願いしますね!