通信制高校だとバイトの面接は不利?採用されるための3つのポイント

こんにちは、おのたくと申します!

自由な時間がたくさんある通信制高校に通っているなら、一度はアルバイトにも挑戦してみたいですよね。

しかしながら、

「通信制高校の生徒って、アルバイトの面接で不利にならない?」

という不安を抱えている方もいるかと思います。

 

通信制高校の生徒というと、

  • 暗くてネガティヴ
  • コミュニケーション能力に欠ける
  • 苦手なことが人に比べて多い

という先入観やイメージを持っている人は少なからずいます。

そういったイメージで面接が不利にならないか、やはり心配になりますよね。

通信制に入学したばかりの頃のぼくも、同じようなことで不安になっていました(笑)

 

しかし、そんな心配は必要ありません!

アルバイトの面接では、通信制高校の生徒だからといって不利になることはありません。

むしろ、通信制高校に通っていることで有利になることもあります。

 

この記事では、アルバイトの面接で通信制高校の生徒だと有利になる理由を詳しく解説します。

それと合わせて、アルバイトの面接の際に「これだけは押さえておくべき!」というポイントを3つご紹介します。

 

これからアルバイトを始めてみようと考えている方は、ぜひ最後まで読んでから面接に臨んでみてください!

通信制高校でもバイトの面接は不利じゃない!

さっそく、通信制高校に通っていることでアルバイトの面接が有利になる理由を説明していきますね。

通信制高校の生徒がアルバイトの面接で有利な理由、それは「時間に融通がきくから」なんです。

 

普通の高校生であれば、夕方からシフトに入りますよね。

でも、通信制なら朝や昼からでも働くことができます。

シフトに自由がきく通信制高校の生徒は、とても貴重な存在なんです!

 

採用する側としては、

  • シフトに入ってもらいやすい
  • 勤務時間に融通がきく
  • 一回あたりの勤務時間が長い

といったように通信制高校の生徒を採用することはメリットだらけです。

時間に融通がきく通信制高校の生徒と、そうでない全日制高校の生徒。

あなたが面接担当だったら、どちらを採用しますか?

答えは簡単ですよね!

通信制でもアルバイトの面接で不利にならないことは、理解していただけたかと思います。

次に、アルバイトの面接で押さえておくべきポイントを3つご紹介します。

ポイント1.面接は清潔な身だしなみで!

アルバイトの面接には、清潔な身だしなみで臨みましょう。

 

一言で「清潔な身だしなみ」といっても、通信制高校には制服がありませんので、

「バイトの面接にどんな服を着ていけばいいか分からん!」

という状況に陥ってしまうかもしれません。

 

そんなあなたにおすすめなのが、

「白のシャツ」+「ジーンズ」+「スニーカー」

の組み合わせです。

 

この王道の組み合わせは、どんな人が着ても清潔感を感じさせますし、面接というかしこまった場にも適しています。

服装に困ったら「白のシャツ」+「ジーンズ」+「スニーカー」の組み合わせで面接に臨みましょう。

 

服装の他に、ヘアースタイルにもいつもより気をかけてあげましょう。

ワックスを使うことに慣れないのであれば、寝癖をきちんと直すだけでも効果はバツグンです!起きたままの髪型で面接を受けることだけは、ゼッタイに辞めてくださいね(笑)

ポイント2.挨拶やマナーはしっかり!

これは通信制高校の生徒に限ったことではありませんが、挨拶やマナーはしっかりしましょう

具体的に守るべきマナーは、

  • 時間に余裕をもって面接に向かう
  • 入退室の際にはきちんと挨拶する
  • 頷くだけでなく返事をする
  • 面接では目を見てコミュニケーションをとる

というようなものです。

 

当たり前のことを当たり前にできるだけで、初対面での印象はとても良くなります。「真面目さ」「誠実さ」を示せるとなおいいですね。

面接の十数分間で、

「この人なら真面目に働いてくれそうだな!」

という印象を相手に与えることができれば採用にぐっと近きます。

 

面接を受けるときには「当たり前のことを当たり前に」をぜひ心がけてみてください!

ポイント3.質問には正直に答えよう!

アルバイトの面接では、通信制高校にまつわる質問をされることがよくあります。

その中でも必ずといっていいほど受ける質問が、

  • なぜ通信制高校に入学したのか
  • 全日制高校をやめたのはどうしてか
  • 普段はなにをしているのか

というようなものです。

 

全日制を辞めた理由や通信制に入学した経緯は、ネガティヴな話になりがち。

そのため、

「こんなことを話したら不採用になるのではないか…」

という不安が頭を過ぎるかもしれません。

 

しかし、ここでウソを付いてもなにも良いことはありません。

不安かもしれませんが、質問には正直に答えるようにしましょう!

 

ぼくは「眠気」の病気が原因で全日制高校を辞めたことを面接で話しました。

そのおかげで、仕事中も気にかけていただき、楽しくバイトすることができました!

このように、正直に話してみることのメリットもありますよ!

自信を持って面接に臨みましょう!

はじめての面接はひどく緊張すると思います。

でも、大丈夫です!

この記事で紹介した、

  • 清潔な身だしなみ
  • 挨拶やマナー
  • コミュニケーション

に気をつければ、きっと採用してもらえます。

自信を持って面接に臨みましょう!