僕がADHDと診断されるまでのフローと受診にかかった費用や時間をまとめたよ

こんにちは、おのたく(@Derra_86)です。

今月の初旬、ADHD(注意欠如・多動症)だと診断されたことをブログに綴ってから、Twitterにて数人からメッセージをいただきました。

参考:「生きづらいな…」と思っていたらADHD(注意欠如・多動症)でした。

 

いただいたメッセージの内容は、

  • じぶんもADHDかもしれない
  • どんな病院に行けばいいのか
  • どれくらいの時間や費用がかかるのか

などなど。

 

確かに「通院」ってなんとなく敷居が高いですし、それが心療内科であればなおさらです。

心療内科と無縁の人生を送ってきた人にとっては、どんな風に受診して、どんな検査を受けるのか分からなくて当然ですよね。

 

そこで本稿では、僕がADHDだと診断されるまでの

  • 診断されるまでのフロー
  • 診断までに要した時間
  • 受診にかかった費用

を簡単にまとめてみました。

なお、あくまで診断までのフローやかかった費用は「僕のケース」です。一つの目安として参考にしていただければ幸いです。

診断されるまでの大まかなフロー

中学時代、ADHDではないかと疑いはじめる。その後、高校中退などを経験する。

昨年あたりからできないことが浮き彫りになり、心身への負担が大きくなりはじめる。

一月の中旬に千葉駅近くのクリニックへ電話。その翌日、通院することに。

初診でペーパーテストを実施。一週間後に結果が出るので、そのときにまた診察を受けることに。

一月の末、二回目の通院でADHDであると診断される。

初診から1週間でADHDであると診断された

僕が初診から診断を受けるまでに要した時間は、なんとたったの一週間です。

初診時には

  • 医師からのヒアリング
  • カウンセリング
  • ペーパーテスト

を受け、二回目に受診した際にADHDであると診断されました。

 

というのも、僕はあらかじめ

  • ADHDを疑っていてること
  • 白黒つけたいので診断テストを受けたいこと
  • 服薬は望んでいないということ

を伝えていたおかげで、スムーズにことが進みました。

 

僕は短期間で診断されましたが、診断されるまでにどれくらいの期間を要するのかは人それぞれです。

当然ながら、通院するクリニックや担当医師によっても変わるでしょう。

 

が、しかし、大人であれば「診断までに初診から数ヶ月かかった」といったパターンはおそらくレアケースかと思います。

 

また、一回の診察の拘束時間も短いですので、仕事や学校の合間を縫っての受診でも問題はないでしょう。

受診にかかった費用は約6,000円

先ほども書いたように、僕が診断を受けるまでの通院回数はなんとたったの二回です。

通院回数が少なければ、当然ながら通院にかかる費用も抑えられます。

 

僕の場合、受診にかかった費用は

  • 初診 約4,500円
  • 二回目 約1,500円

くらいでした。

 

初診料や検査費用が含まれるため割高ですが、すでに受診したことのあるクリニックであればさらに安く済みます。

「心療内科って高いんじゃないか…」と不安に思う方もいらっしゃるかとは思いますが、風邪を引いたときに通院するのとなんら変わりはありません。

 

このように、心療内科はお金の面から見ても気軽に受診することができます。

まとめ:ADHDを疑ったら心療内科へ

最後に、ここまでの内容をサクッとまとめます。

まず、ADHDを疑ったときには

  • 心療内科
  • 精神科
  • 小児科

を受診してみましょう。

 

また、僕はADHDと診断されるまでに

  • 期間は初診から一週間
  • 費用は約6,000円

かかりました。

以上、受診する際の参考になれば幸いです。

 

質問などあればTwitterからご連絡ください。基本的には、どんなメッセージにも返信します。